整体教室ことりの庭トップ

WCFゆがみチェック法


W(Wall)壁チェック

W-1

壁に対して背を向けて、壁にかかとをつけて立ってみましょう。

下から【 かかと・ふくらはぎ・お尻・背中・頭 】が壁についているかチェックです。

浮いている部分はないでしょうか?

あごが上がってはいませんか?

お臍の真後ろあたりの腰の部分には、手のひら一枚分の程よいカーブがありますか?


W-2

壁に対して横向きになり左体側を壁に押し合て、肘を伸ばして手の甲を壁につけます。

上に伸ばした左腕の前に、頭をもってきて壁につけてみましょう。

右体側も同じように行い、頭を壁につくように近づけて観察です。

  首や脇がつぱったりしませんか?

  頭のつきやすさの違いを左と右で感じてみましょう。


W-3

壁から10cm程離れて背をむけて立ちます。

胸の前で両手の平を広げて、息を吐きながら上半身だけ左に捻じってみましょう。

正面に戻してから、こんどは右に捻じって壁に手がつくか観察です。

 

捻じる時に、左右の腰に突っ張った感じの違和感はないですか?

左右どちらに捻じっても、両手は壁につくことができますか?


C(chair)椅子チェック

C-1

椅子に浅く腰掛けて猫背で頭は肩より前にあり、ストレートネックになっていませんか?

背筋は真っ直ぐ伸ばして胸をぎゅっと張り、肩を横に広げて、肩は上がっていませんか?

深い呼吸が自然にできるのが良い姿勢です。

上体が少し前傾で、胸と肩に余計な力みの入らない、体にやさしい椅子の座り方です。


C-2

右と左の膝が離れて、つま先の位置より膝の位置が外側になっていませんか?

両膝が、つま先の位置より内側に入ってはいませんか?

足を組むくせがありませんか?


F(floor)床チェック

F-1

床の上で仰向けに寝そべります。腰や背中が床から浮いたように感じる部分はありませんか?

右と左のどちらか片方が、大きく外側へ開いていませんか?

両方のつま先が内側に向いていませんか?


F-2

床にうつ伏せになった時、顔の向きは右向き・左向きのどちらがしやすいでしょうか?

顔お向けた側の膝と肘は、右側と左側で近づけやすさにちがいはありませんか?


F-3

横向きになって寝る時は、右を下にする癖がある。左をいつも下にしている。

こんなことはないですか?